【一巡目】結願・御礼参り(JR坂出駅~79高照寺~88大窪寺~1霊山寺)

 
四国遍路が結願しました!
 
このたび、JR坂出駅から88番札所「大窪寺」まで走って、1200kmの遍路旅に終止符を打ちました。
これで、本当の“お遍路ランナー”です。
昨年3月上旬に父親が亡くなり、一周忌までに満願する目標を立てていましたが、無事に果たすことができました。
そしてさらに、御礼参りに40km走って、遍路スタート地点の1番札所「霊山寺」へ帰り、“四国一周”としました。
今回、6キロの荷物を背負って130kmほど走ったのですが、走りの振動で重さが一段と加わってしんどかったです。
 
霊山寺へ御礼参りに向かう途中、10番札所辺りから、遍路を始めたばかりの巡礼者と逆方向ですれ違うことが多くなるのですが、皆さん出で立ちがピカピカで、まるで小学校の新入生です。
中学校や高校や大学の新入生とたとえても良いのですが、意識的にはやっぱり小学生くらいに見えてしまいます。自力遍路で結願を果たすとそれくらい気持ちになるのではないでしょうか。
私が結願して御礼参りに霊山寺へ走って向かっていることを告げると、ビックリ顔!期待通りの反応をしてもらえました。
 
今回、泊まった宿に、“凡て真なるものは小事のまごころから始まる”という言葉が飾ってありました。「何事もまごころを込めることで意味をなす」と私は解釈しましたが、まさにこのたびの遍路で教えられたものとして感じていたことでした。
 
四国遍路は一巡して元の場所に戻ってきます。強い精神力と体力も得られて、成長した自分でまた新たな一巡を始めることができます。良い流れを継続すべく、二巡目を変わった趣向で、またはじめようと思います。
これって「お四国病」!?
 
走り遍路

ブックマーク へのパーマリンク.

コメント欄