佐田岬ふるさとウォーク2015

 
八幡浜市役所~佐田岬はなはな(国道フェリー三崎港横の観光施設)の46.5kmを歩き通す「佐田岬ふるさとウォーク2015」が5月27日(土)に開催されました。
私は今回も門限タイムペースメーカーとして、一人でも多くの参加者が制限時間内に完走できるよう、ゴールへ追い込む役目(笑)を自主的に担いました。
 
この使命を効果的に果たすため、例年改善に努めていますが、今回は一本歯高下駄で歩くことにしました!
以前はじめて全行程を歩き通したときには(もちろん普通の靴で)、疲労困ぱいしたものですが、ランニングで鍛えている今では何でも無くなってきています。
 
そこで、一本歯高下駄を履くことにより参加者へ頑張りを一層強く喚起するばかりか、私自身の有り余る体力への足かせともなって自分に苦難を与えることができると思いつきました。
 
当日は残念ながら午前中雨が降り続き、木製の下駄が雨で傷むのがイヤだったので非常用に携帯していたサンダル(ワラーチ)で歩き、雨が上がった後半の20kmを一本歯高下駄としました。
 
佐田岬ふるさとウォークは、伊方町(旧瀬戸町)出身の冒険家・河野兵市さんの北極点単独徒歩到達を記念して当初「河野兵市ふるさとウォーク」ではじまったものです。
その後河野さんは、北極点からふるさとの佐田岬半島までを、徒歩やシーカヤックなどにより5年がかりで帰還する『河野兵市リーチングホーム2001』の途上で命を落としました。
 
私は河野さんとは面識がなく、直接刺激を受けることはなかったのですが、一般人が参加しやすいチャレンジイベントをのこしたことは意義深いと思います。
私は単なるお手伝いではなく、自分へのチャレンジの場としても取り組むことで河野さんの思いに応えようと、このイベントに協力する松山カヌークラブの一員として例年、スタッフゼッケンや頭上フラッグなども全部自前で用意してボランティア参加しています。
 
毎回のイベント参加者全体の歩行距離の合計は、今でもあの世で続いている河野兵市さんのふるさとへのリーチングホームの加算になっているに違いないと、私は思います。合掌
 
佐田岬ふるさとウォーク2015

ブックマーク へのパーマリンク.

コメント欄